バイオテックが開発した女性のための発毛剤として大人気の長春毛精には、和漢植物がたっぷり12種類入っています。和漢植物は漢方の成分としても知られていて、天然植物由来成分なので長期間使い続けても安心ですし、長春毛精は香料や着色料などは一切含まない無添加にこだわっているので、頭皮から体内にマイナス成分が入ってしまうリスクがありません。

 

長春毛精に入っている成分ですが、甘草やヒノキ、アロエ、シャクヤク、ショウキョウ、大豆たんぱく、トウキ、オタネニンジン、へちま、べに花、ヨモギ、米胚芽油などがあります。これらは単独でも大きな作用を持つ漢方薬成分ですが、長春毛精にはバランスよく配合されていて、お互いの相乗効果によって頭皮と髪に大きな効果が期待できます。漢方成分には数十種類という豊富な種類がありますが、その中から髪のエイジングにとってプラスに作用するものばかりを厳選しているので、短期間の使用でも高い効果があるのが長春毛精の特徴となっています。

 

長春毛精が多くの人から高く評価されているのは、配合されている成分だけが理由ではありません。これらの有効成分が、独自のナノエマルジョン製法によって処方されていることも忘れてはいけません。この製法は長春毛精が開発した世界で初めての製法で、これまでの発毛剤や育毛剤と比べると一つ一つの成分が超極小サイズに分解されていて、頭皮の毛穴の隙間から確実になかへ浸透しやすくなっています。どのぐらい小さいかというと、それぞれの成分の大きさは100n以下、これは髪の毛1本の直系の1000分の1というほどのサイズとなっています。頭皮の状態に関係なく確実に有効成分が浸透してくれるので、頭皮や髪の状態が良くない人でも長春毛精を使い続けることで確実な効果が期待できます。

 

 

長春毛精は、通常価格は6600円ですが、ボトル1本当たり2か月たっぷり使えるので、1か月あたりにかかるコストは3300円となっています。ほかの発毛剤と比べると、決して高すぎるというわけではないのも嬉しいですよね。また、長春毛精の公式ホームページから購入すると、初回はたったの1000円で購入できるのも超お得と言えます。